がん遺伝子発現データベース

ATAC-PCR法を用いて発現プロファイル解析を行い収集した、がんの遺伝子発現プロファイルとそれに付随する臨床情報をデータベース化したシステム開発をサポートしました。

発現変動量は、統計的検定によって求められる p値と、p値の信頼性を高めるためq値(FDR(False Discovery Rate))の2種類で表し、検索遺伝子は発現量とそれに付随する臨床因子データをモザイクプロットでグラフィカルに表示可能にしたシステムで、データベース化、p値とq値の統計処理、Webアプリケーションの開発をサポートしました。