GPCRに結合するGタンパク質種の予測

Gタンパク質共役型受容体(GPCR)-Gタンパク質の複合体構造の特徴量を使って、SVM(サポートベクターマシン)でGPCRに結合するGタンパク質の種類を予測するシステムの開発をしました。

具体的には、リガンドの分子量(範囲指定可能)とGPCRの配列の両方を入力して、リガンド未知のオーファンGPCRのGタンパク質種予測にも対応し、平均85%を超える精度でG蛋白質の選択結合性の予測に成功しました。
弊社スタッフがサポートした成果は、論文となって公開(弊社スタッフの博士論文)されています。